県内ニュースより。

今日は太宰修の誕生日ですが桜桃忌でもあるので
彼方此方で色んな行事をしているが
甲府では甲府の女性と結婚したのでそれにちなんで
県立文学館で特別展しているそうです。

太宰は38歳にして自らその生命を絶つ決断をし、1948年6月13日に三鷹市の玉川上水に入水。桜桃忌の6月19日は、彼の命日ではなくご遺体が上がった日にあたります。


また桜桃忌が19日になったのは、太宰の誕生日が同日であったことにもちなんでいるようです。

太宰治は、明治42(1909)年、青森県北津軽郡金木村(現・金木町)に、県内屈指の大地主の子として生まれる。東京帝国大学仏文科在学中、井伏鱒二に出会い、師事する。昭和14(1939)年1月井伏夫婦の媒酌で結婚。同年9月に甲府から三鷹の下連雀に転居する。以後、終戦前後の一時期を除き、亡くなるまで三鷹で過ごす。三鷹時代に「走れメロス」「人間失格」「斜陽」など多くの名作が書かれた。昭和23(1948)年6月13日の深更、玉川上水に入水。19日に遺体が発見された。昭和24(1949)年6月の一周忌に太宰の墓が、森鷗外の墓の斜め前に建てられた。昭和19(1944)年に発表された「花吹雪」に「この寺の裏には、森鷗外の墓がある。(中略)ここの墓地は清廉で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小綺麗な墓地の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかもしれない」という一文があり、その意が汲まれたもの。墓碑には、太宰自筆の文字が拡大して刻まれてる。なお、平成10年、隣に美知子夫人が葬られた津島家の墓が建立された。死の直前に発表された「桜桃」に因み、毎年6月19日に太宰を偲ぶ桜桃忌が催される。
三鷹市の禅林寺、太宰治のお墓があります。


c0326874_11121065.jpg



太宰治ゆかりの甲府の旅館。
http://kofu-navi.com/shop.html?id=456

c0326874_11424722.jpg

太宰治さんのファンではないが(昔はいろいろ読んだが)
我が家はこの旅館の近くなので暇に任せて書いたが
中に入ったことはないです。
[PR]

# by mikanndesu | 2018-06-19 12:27 | Comments(0)

人間の運命。

同じ病気でも症状はいろいろ違うので、一概にはわかりません。
51歳の主婦がこの5月の初めに自覚症状が出て初めて病院に行ったが
もう手遅れで6月の初めに亡くなったそうです。
同じ病気でも病院と上手に付き合って何年も生きて日常の事はこなしている人もいます。
次から次に転移してその都度手術して日常生活している人もいます。
末期と言われて色んな治療試みたが甲斐なくなくなった人もいます。
末期の前で一度の手術で完治して元気に生きている人もいます。

それを運命というのかどうかわからないが何とか元気に生きたいです。

なんてわけのわからないこと書きました。
[PR]

# by mikanndesu | 2018-06-16 18:55 | Comments(0)

今日の紫陽花。

c0326874_13285123.jpg


ストケシアも全部開いた。植えたのは30年前です。
日陰で狭い所で植えっぱなしなので何年たっても増えません。

c0326874_13322940.jpg

[PR]

# by mikanndesu | 2018-06-15 13:33 | Comments(0)

怠け者。

6月2日に買ったカリフラワー、調理するのが億劫で
今やっと食べたが、調理と言っても子房に切って洗い
チンするだけです。
味付けは塩コショウ、マヨネーズ、醤油を少々かけるだけです。
結構おいしかったです。
チンした残りです。

c0326874_1443934.jpg


c0326874_1454398.jpg

[PR]

# by mikanndesu | 2018-06-14 14:05 | Comments(0)

台風の影響。

何事もなく去っていきました。

今年もほったらかしのストケシアひっそり咲きました。
c0326874_16415672.jpg


居間の前のアジサイがやっと色づいてきました。
c0326874_16434624.jpg


1本植えたミニトマト先日から上から1っこづつ色づいてきて
順に食べています。

c0326874_16465280.jpg

[PR]

# by mikanndesu | 2018-06-11 16:48 | Comments(0)